山陰ケーブルビジョン制作 『戦争の記憶』に資料提供しました
2011年10月9日更新

 終戦の日の8月15日、山陰ケーブルビジョン株式会社が秋水の設計に携わった市場久一氏のインタビューを中心に構成する特別番組を放映しました。制作担当者が偶然当「秋水プロジェクト」のサイトを見つけられ、いくつかの資料も提供させていただきました。
 番組は、横須賀の海軍航空技術敞で零戦52型の改良に従事し、その後三菱重工名古屋航空機製作所設計室に戻り、『秋水』の設計に携わった市場久一氏(松江市在住)へのインタビューを通じて、時間とのたたかいであった秋水設計時の様子や戦後秋水復元機との再会の感動、そして戦争の犠牲となった仲間達への思いなどが、当時の映像を織り交ぜ語られるというもので、制作者自身がナレーターも務めている力作だと思います。

↓ 番組の一部紹介(wmvファイルで約6分) タイトル画面をクリックして下さい。↓

インタビューに応じる市場久一氏 ↑ 名古屋航空機製作所設計室の様子
零戦の改良の特命を受け空技廠へ 不完全だったMe163Bの設計図書
秋水との再会 後世に記録を残す仕事がある

 「その他の活動報告」のページへ     秋水プロジェクトのトップページへ