空技廠で設計・改良された航空機 1

十試艦上攻撃機  『九七式艦攻』
(昭和12年 制式B5NまたはB5M)
 昭和10(1935)年に海軍が中島飛行機、三菱重工業に十試艦上攻撃機としての競争試作を命じ、昭和12年(1937年)に中島案を九七式一号艦上攻撃機、三菱案を九七式二号艦上攻撃機として、共に採用した。日本海軍としては、初の全金属製の低翼単葉機であり、一号型は国産単発機初の引込脚を採用。三菱・中島飛行機とも試験飛行を横須賀航空隊追浜飛行場で行っている。

 それまでの九六式艦上攻撃機に比べ、最高速度は約100km/hも向上した。乗員は3名。真珠湾攻撃の際には空技廠で開発した浅深度雷撃用の九一(改)式航空魚雷を搭載し雷撃の主力を担った。
 
    最高速度378km/h
    上昇力3000mまで7分程度
    航続距離 1993km(過荷)